俺が引受けた

伊佐子 姉さんは、医者に見せるまでも無いんだつて。……そいで私、どうしようかと思つて――。五郎 さうですか。いや、なあんだ! それでいゝ、それでいゝんだ。どうしようかなんて思ふ必要はありませんよ。なあんだ伊佐子さんも少し馬鹿だ。いゝじやありませんか、それでいゝんだ。俺がゐるからいゝんだ。赤井 …...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 08:50 am  

面白くつて仕様がない時代

五郎 いや、兄さんと一緒だよ。今、浜で泳いでゐる筈だ。美緒 利ちやんも泳いで来たら、どう?赤井 いや、僕等の事なら、どうぞ、御遠慮なく。かまひませんよ美緒さん。利男 (やつと少し姉の気持が分つて)[#「分つて)」は底本では「分つて」]……ぢや僕、チヨツト行つて来るかな。泳ぐのも久しぶりだなあ。...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 08:49 am  

お母さんや恵子姉さん

伊佐子 ……(石の様に夫を見詰める)利男 ……なあんだい姉さん、元気さうぢやないか。お母さんや恵子姉さんが、なんだか大分悪さうだと言ふもんだから、心配しちやつたよ。この間お母さんや恵子姉さんやつて来た時に、なんか有つたんだつて? だもんだから僕あ――。赤井 (聞きとがめて)え? なんか有つたんで...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 08:48 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0365 sec.

http://kenekila.net/